土曜日予定を忙しく・・・婚活記事をあげれなかった結果

頑張る人

最近婚活を終わらせるため、ぼくは毎日ブログを更新する宣言という宣言をして毎日2記事を書くって宣言してたのですががが
7月毎日更新
ルール 毎日2記事更新 午前7時と午後7時更新
達成しなかった罰ゲームありません(達成するから)

土曜日、予想以上にいろんなイベント目白押しで次の日もちょい忙しく書けなかったわけです
正直、今まで毎日5記事ぐらい書いていたこともあるので余裕だろうと思っていたのですが
最近の婚活記事を書くスローペースはヤバく、中々、中々筆が進まなかった。

昨日は飲み会や引きあわせみたいな感じで忙しかったし・・・
ある意味週6でもいいかなとさぼり・・・仕事じゃないんだからね
ぼくはよいと思ってたんですが・・・・彼女がそれを聞いて
「心底がっかり顔」
(´・_・`)しておりました

何かを宣言をするとき、それは責任を伴う

結婚というものをきちんとするために書くと宣言した以上、それは、遠回りに彼女に対する結婚意思の表れなのかもしれません
今までのぼくの目標はあくまで自分に対する目標で、1か月毎日5記事書いたり
1万円で過ごしたりそれは自分だけのための行動でした
だからいつでも辞めれる・・・でも誰かに宣言しないとそれは守れないから宣言してたわけです
自己満足の世界で辞めても悲しむのは自分だけ、かっこ悪いのは自分だけ
別にかっこ悪くてもいいか・・・今幸せだし彼女がいるしって考えでいました

ブログをいや何かを目標に頑張るのは孤独と戦うことである

ブログの記事を書くって結構孤独にさいなまれることが多いんです
ニコ生なんかの放送ではレスポンスが来て誰かが今ぼくの言動で笑った
今怒った!じゃーこうしてやろうとというインスピレーションやモチベーションが保てるんですが
ブログを書くのは結構孤独、レスポンスは遅いし、反応で見えるのは結局数字でしかない
(後コメントぐらいかな)

だからサボリたくなる、サボったら自分かっこ悪いと思いつつ楽に逃げようと思っちゃう
これは別にブログだけではなく毎日仕事に行っても、何かを創作したり何かを作ったり
自己満足の世界だから、誰かに褒められたり影響がなくてもそんなこと知らずに行わないといけない
誰かにお願いされてしたわけではなく、自分勝手にやってることなんだから

でも誰かは見てくれていてそれを肌で感じた

彼女はぼくのアホな目標(毎日2記事)書くというのをとても楽しみにしていたらしく、それを達成できなかったのはとても悲しかったらしい・・・
毎日書く!ってのは僕自身のプライドの問題でもあるけれども、それと同時に結婚について心底考えるというぼくのスタンスの問題でもあった
結婚についてすごく考えるというのを、言葉ではなく行動で示してくれてたのを
彼女はたのしみにしてくれていたのだと思う

更にちかおう!この一か月はやり抜くと!!

やっぱり背筋をのばさないといけない!ずっと一人で書いていたと思っていたけれども
少なくても大事な人はぼくの行動を見ていて、そしてそれに対しすごい期待をしてくれていたんだな
月並みな言い方だけど、一人じゃないんだなーたのしみにしてくれてる人がいるんだなとひしひし実感した
(隣で今仏頂面で自分のパソコン叩いているけどw)
だからきちんとこれからも2記事やろうと思う、クオリティは高くなくていい
やり続ける事が重要なんだと思って
7/10日 はる改めて宣言

はるが使ったおすすめ婚活アプリ

pairs2
【ペアーズ】

まさに王道!はるもオススメできます。

日本全国にて圧倒的人気を誇るペアーズだからこその安心感。

Facebookを利用した安全なマッチングアプリ
【Omiai】


ペアーズと双璧をなすOmiai(オミアイ)。

女性は30代以上が有料のため、アラサー女性の本気度が段違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です