知らないと結婚出来ない!?すぐ使える3つの婚活サービス紹介

婚活方法

30代になりそろそろ結婚したいあなた。

いざ、結婚相手を探そうとしても、職場や友人関係では探せないってことが多いでしょう。
職場はいい人がいないし、同年代の友人は結婚しているし。

年令が上がるにつれて出会いが不足していきます。

でも大丈夫。友達がいなくても、今までモテてこなくても結婚出来る方法があります。。
結婚相手と会える方法それが婚活なんですね。 

婚活方法は大きく3つの方法がある

県がやっていたり、会社がやっていたり。人の紹介だったりWEBで自分で選んだり。
いろいろな違いはあれど婚活サービスは大体3つに集約されます。
 
  • 結婚相談所
  • 婚活サイト、アプリ・恋活サイトアプリ
  • 婚活パーティーイベント

それぞれ利点と欠点があり、結婚相談所は紹介される方の真剣度が高い代わりに利用料が高く、婚活アプリは真剣度が低い代わりに料金も安いです。
向き不向きもあるので、簡単に内容を後述しておきますね。

結婚相談所

婚活サービス利用に不安を持つ人は多い

こういった婚活サービスを利用するのは、恥ずかしい、自然な出会いがしたい、利用しても効果ないんじゃないの?と抵抗はある人もいるでしょう。
特に地方だと、婚活パーティーや婚活アプリの浸透もうすく、なじみがない人もいると思います。
全国的にみて、どれくらいの人が、サービスを利用して結婚しているんでしょうか?

婚活サービス利用者は年々増えている

婚活サービスによって結婚した人の割合(婚姻年別)
既婚者ベース:4.7%(2013年)→6.7%(2014年)→8.3%(2015年)→11.3%(2016年)

 

婚活サービスを利用した既婚者ベース:20.8% (2013年)→23.8%(2014年)→27.6%(2015年)→39.4%(2016年)
広義の婚活実施(利用)者において、結婚に至った割合は、婚活サービスが上位となっている(「結婚相談所(2015年 17.0%→2016年 25.3%)」「恋活サイト・アプリ(同8.4%→20.5%)」
「婚活パーティ・イベントに参加(同12.0%→18.7%)」「婚活サイト・アプリ(同15.1%→17.2%)」)

 
年々婚活にて結婚される方が増えています!
今後の世の中は、大婚活サービス時代の到来かもしれません。
婚活サービスによって結婚した人は、2015年からの1年間で 8.3→11.3の3%増と急成長しています。
実際結婚した人で、利用した人は約4割と多くの方が利用います。
婚活サービス利用するのは、特別なことじゃないんですね。

婚活ドラマや婚活マンガの影響もあり、「婚活をしてます」と公言している方もよく見かけるようになりました。
またTVのCMや、FacebookやTwitterの広告でよく見かけます。

と年々利用者が増えている婚活サービス。 

今回は、結婚相談所、パーティー、アプリの3種類の内容と特徴、おすすめポイントを解説していきましょー 
 

結婚相談所の特徴 高いけど真剣な人がおおい!

結婚相談所 例オーネットクラブマリッジ

穴場2
結婚真剣度 結婚したい人が多数いる
料金 10万から50万まで幅広い。大体30万程。
結婚スピード

1年以内の結婚が多数。

 

婚活サービスの中でも一番有名で結婚するならここと思う人も多いでしょう。
もっとも確実でスピード結婚する確率が高いです。
料金は高いけど結婚したい方がおおく集まり、自分の住んでる場所だけじゃなく、県外や海外まで活動を広げる事も出来ます 。
 
アドバイザーが付いて個別にアドバイスもくれるので、自分にとって何が必要かも的確に判断をいただけるのも利点。

少し前は、結婚すると言えば、結婚相談所が有名でした。
現在ももちろん続いていて、婚活の主力になっています。

種類もいくつかあり、オーネットなどの全国的に展開している結婚相談所もあれば、地元の方を中心に行っている結婚相談所。
また直接アドバイザーがつく場合や、WEBにて自分で相手を選ぶなど、たくさんの婚活方法があります。

 結婚相談所を利用するメリット

メリットは数多くあります。
 
  • 入会が厳しく信頼できる人が多い
  • スピード婚もしやすい
  • 独身証明書などの提出もあるため既婚が入らない
  • 年収や年齢確認が容易
  • プロにアドバイスを貰える
 
入会金や年会費もある程度かかるため非常に結婚に意欲がある人が多いです。
ぼくの同級生や女性の婚活友人は、地元のCENという結婚相談所に入り、僅か6か月で成婚することが出来ました。

ぼく自身が実際お話を伺いに行った事もあります。

高知の結婚相談所CENの所長と婚活ディスカッション

2016.02.16
 
また独身証明書や年収に関しては源泉徴収の書類提出など、審査があるので安心して婚活行う事が出来ます。
そのため信頼性が高く、冷やかしや遊びの男性などは皆無でしょう。
 
プロのアドバイスもかなり有効です。
婚活しにくる方ってのはいわゆる「惜しい」方が非常に多いんです。
いい人なんだけど、もう少し頑張れば絶対にモテるのに・・・周りでいないですか?
 
自分でそれに気づくことは難しいのでプロのアドバイスをもらうことで大きく変わる事が出来るようになるかもしれません。
 
結婚相談所

結婚相談所のデメリット

  • 自分ペースで婚活がしづらい
  • 費用がかかる
  • 年収がある程度ないと厳しい(男性)
  • 入会審査がある
 
結婚相談所は割と厳しいルールがあり、お泊り旅行はダメで婚前交渉はもってのほか。
3回会うまでに結婚するか決めないといけないなどルールが相談所ごとによってあります。
秩序を守るため仕方ないことなのですが、人によっては婚前交渉なしでは不安に思う方もいるかも知れません。
 
入会金や維持費、なお成婚料も合わせ50万ぐらいかかる事も・・・
また場所にもよりますが、職業の内容や年収が少ないとそれ自体ではじかれてしまいます。
 

こんな人におすすめ

  • すぐにでも結婚したい方
  • 年収が高い方
  • アドバイスを受け、効率的な婚活がしたい方
 
デメリットも大きいですが、婚活するなら最もおすすめすることが出来る結婚相談所。
すぐ結婚したい!信頼性がある人と結婚したいなら結婚相談所がおすすめです。
結婚相談所にもたくさん種類があり、なかには自分の県にはない結婚相談所もあります。

すぐには決められない方も多いでしょうから、まずは資料を取り寄せて結婚相談所の比較をしてから入るのがおすすめです。

 

婚活パーティーの特徴 多くの参加者に会って選べる

婚活パーティー例 エクシオ

結婚真剣度 比較的高め、遊びたい人もなかにはいる
料金 男性は1回3,000円から5,000円 女性は無料の所も
結婚スピード

付き合うことになれば早い人が多い。

パーティーの種類の多さやバリエーションならピカ一。
田舎なら結婚相談所の次に利用されている手段でしょう。
婚活ブームが来て多種多様なパーティーも増えました。
 
ナインティナインのお見合大作戦というTVもありますが、あれはどちらかと言うと婚活パーティーに近いですね。
開催時間は2,3時間、婚活寿司という自分のプロフィールカードを持って男性が女性の周りをまわります。
その後フリータイムがありお互いが気に入れば晴れてカップリングです。
(ない所もあります)
 
婚活パーティーの種類には、

  • 医者や公務員で高年収なハイクラスパーティー
  • 20歳代が集まる若い人向け
  • バツイチ理解者
  • 体がぽちゃっとした人
  • オタクが集まるパーティー
 
少人数個室もあり100人も超える大パーティーや県が主催しているパーティー等々。
 
正直行くだけで楽しいパーティーもあるのでハマる人はハマりますw
ぼくも主戦場は婚活パーティーでした。大変はまっており?いけなくなるのがちょっと残念ですw

婚活パーティー

 

婚活パーティーのメリット

では続いて婚活パーティーのメリットについて。
 
  • すぐ出会える
  • 大多数の人とお話が出来る
  • 参加費が安い 
  • 希望条件が合う
  • 気軽に参加が出来る
  • 同性の友達も出来る・・かも?
 
結婚相談所や婚活サイトなどは、相手にすぐ会う事が難しいです。
それなりに時間をかけないと会えません。
 
婚活パーティーだと参加すれば、多くの異性とお話する事が出来ます。
特別な審査もいらないですし、その日に思い立った時に参加して会う事も可能。
(パーティーが開催していれば)
 
参加費も男性は3000円から5000円と安く、女性は0円というとこも?
そこで会って成婚したとしても、成婚料などを取られる事はありません。
 
希望条件があれば(例高収入パーティー)そのパーティーに参加することにより、効率よく好みのスペックの人と会えます。
また婚活の目的とは若干ずれますがパーティー中に同性の友達も出来るかも知れません。
ぼくの結婚式のスピーチは婚活で会ったピンク君が行ってくれました。
 

婚活パーティーのデメリット

  • 見た目やコミュ力が重視される
  • 他人と比較される
  • すぐに結婚したい人ばかりじゃない
  • 夜や土日に行う事が多い
 
婚活パーティーは見た目が9割です(自論)
少ない時間で判断しないといけないので、まず見た目や服装がよくないとはじかれます。
またコミュ力がないとお話もままなりません。
見た目やコミュ力がなければカップリングするのも難しいです。
 
またカップリングしたとしても結婚希望の人達ばかりではなく、恋人探しに来ている人の可能性もあります。
カップリングして実際付き合うのは1割ほど・・・狭き門なんですね。
開催は基本的に夜や土日に行われる事が多く、仕事によっては参加が難しいでしょう。
 

こんな人におすすめ

  • 平日夜や土日に時間が取れる
  • たくさんの出会いを希望する
  • まずは婚活の気分を味わってみたい
  • コミュ力や容姿に自信がある
 
婚活登竜門と言ってもいいと思う婚活パーティー。
婚活と言う場所がどんな所か?どんな人たちがいるのか?自分はそこでモテるのか?

まず慣れるためここで学んでみるのもよいでしょう。
全国展開しているエクシオが一番オーソドックスでわかりやすいです。

 

婚活サイト(アプリ)の特徴 気軽に婚活できる

pairs3
婚活アプリ例 ペアーズユーブライド
結婚真剣度 気軽に婚活している人が多い
料金 男性は月3,000円 女性は無料
結婚スピード 普通 出会う人によって大きく変わる。見極めが必要
 
別名マッチングアプリ。
 
スマートフォンやパソコンなどネット環境があれば出来ます。
婚活で注目されているのでネット婚活、文字通りインターネットで婚活を行うというもの。
2015年あたりから流行り始めています。
 
ネットで会うとなると、出会い系を思い出して、サクラだとかお金を法外に取られるんじゃないかと心配になります。(ぼくもなりました)
ですが、現在は婚活サイト・アプリとなっており、基本的には定額制。
法外なお金はかからないですし、サクラはいないように設定されています。
 
恋活アプリと婚活アプリなどとありますが、最近はどちらの利用者も入ってもらうため、特に内容が違うようにはなってないように思えます。
恋活=恋したい人、婚活=結婚したい人とざっくり覚えておくとよいでしょう。
 

恋活と婚活の違いについて詳しく知りたいかたはこちら→

 
大体月3000円程、女性は無料が多いです、24時間体制で異性にメールは送り放題。
 
相手とやり取りし意気投合すればそのまま会う事も可能です。
 

メリット 

  • 条件を絞って選べる
  • 24時間いつでも活動できる
  • WEB上で話せるので安心
  • たくさんの人にアプローチできる
 
条件を細かく絞れるので、年令や年収、身長や体重、住所は趣味等々沢山絞る事が出来、譲れない条件がなどもしぼりこめます。例年収が1000万で身長170センチ、東京住みなどなど。
時間もWEBなので24時間対応、仕事が忙しくても隙間時間に婚活可能。
多くの人にアプローチすることが出来、東京だけで1万人にアプローチすることが出来ます。
あらゆる婚活方法の中でも、アプローチできる異性の数は最多でしょう。
 
婚活アプリ

デメリット

  • 実際会うのに時間がかかる
  • 関係が切れやすい
  • 男女格差が激しい
 
何度もメールのやり取りをしてから出会うため、実際出会うのに時間がかかります。
 
またたくさん候補があると言うことは、代わりもいるという事、お互いに関係性が切れやすい。
更に男女格差がすごく、女性だと基本的に多くのメッセージが来るのに対し、男性側は待っていてもよほどの好条件でないと女性からアプローチはありません。
積極的に男性から行動を起こしてメッセージを送りまくる必要があります。
 

こんな人におすすめ

  • 譲れない条件がたくさんある
  • ネットでゆっくり婚活したい
  • メールがまめな
  • たくさんの方から選びたい
 
話すコミュ力とメールコミュ力は、ぼくは別物だと思います。
コミュ力は自信ないけど内面やメールを送る豆さなら自信あり!
そんな方に特におすすめの内容ですね。

現在は、全国的にみてペアーズが一番使われています。
まず始めるならペアーズがおすすめですね。

 

婚活サービスまとめ

すぐ使える婚活サービス三つ、結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイトを説明いたしました。
 
正直たくさんありすぎて迷うと思うんです。
婚活にあたり自分の向いている、向いてないは必ずあるので、どの方法からするべきか迷う方は、無料&自分のペースで行える婚活サイトから初めてみてはいかがでしょうか?
初めての人ならとてもおすすめです。

 

 
 
 

はるが使ったおすすめ婚活アプリ

pairs2
【ペアーズ】

まさに王道!はるもオススメできます。

日本全国にて圧倒的人気を誇るペアーズだからこその安心感。

Facebookを利用した安全なマッチングアプリ
【Omiai】


ペアーズと双璧をなすOmiai(オミアイ)。

女性は30代以上が有料のため、アラサー女性の本気度が段違いです。