婚活と恋活の違いってなんだろう?

今回お話しするのは婚活と恋活の違いについて 最近婚活友人と話す機会がありまして、近況を報告していたら 。

婚活友人「恋活って最近よく聞くんだけどどう婚活とどう違うの?」 と質問がありました。
婚活と恋活は似ているようで違います。その違いわかります?

ちかごろ恋活アプリ、恋活パーティーやらと色々聞きますがどう違うんでしょうか?

気になる人もいるはず 違いを上手く説明をするため、恋活と婚活について調べてみました。

 

婚活と恋活の違いってなんだろう?

ということで、こんにちわ、友人と婚活話をするのが大好きなはるです。

婚活はと言う言葉はみなさんもよくされていると思いますが、 「恋活」には聞きなれない人もいると思います 恋活は最近できた言葉なんでまだ浸透してないんですね。

2007年度に婚活という言葉が出来て、 その後、恋人を目的とした活動いわゆる「恋活」として使われるようになりました。

「婚活」は就職活動(就活)に見立てて社会学者、山田昌弘が考案、提唱した造語である。 言葉が初めて世に出たのは、『AERA』2007年11月5日号[1]。
ちなみに、山田は後に白河桃子と『「婚活」時代』を執筆。動機として「日本の結婚の実態を明らかにし、“結婚できないけれどしたい”という人をサポートすることが必要だと思った」[2]とインタビューで答えている。一方共著の白河桃子は婚活は限界に迎えていると説いている

参考結婚活動 「婚活」=結婚活動の略 「恋活」=恋愛活動の略 簡単にお伝えするとこんな感じ 自分が恋活なのか婚活なのか、をきちんと理解しておかないと 後で後悔する羽目になりますし、誤った場所で活動して上手く行く可能性は低くなる!
ここできちんと自分がしたいのは恋活なのか婚活なのか確認しておきましょー!

婚活と恋活の一般的な認識

婚活の具体的な行動とは?

一般的には婚活は「結婚を目標とする」 婚活というと最終目標は結婚になるため、年収や年令や子供の有無なども確認する事も必要になります。

一生涯の相手を見つけるという事なんで当たり前ですよね それによりスペックで相手を探したり、選んだりする事が主な活動 好きになってから付き合うというより、まずは相手の職業や年収や年齢などを確認し それによって相手を選ぶことが一般的です。

恋活の具体的な行動とは?

恋活は恋人を作ることが目標で結婚はその先です。
年収より会話の楽しさや趣味やノリなどフィーリングなどを重視 恋に落ちてから付き合って、その後に結婚と言う順番です 実際付き合ってから、相手の深い情報を知る事でしょう

恋活か婚活目的か間違えてしまうと悲劇がある

婚活女性の友人(アラサー)でも婚活パーティーで付き合った男性がいたんですが、 1年たっても結婚話にならないので問い詰めたところ・・・・
初めから結婚するつもりがなかった言い訳をしたそうで ・・・一年程婚活を無駄にしたそう・・・

なんとも恐ろしい話しです あえて弁護するなら彼は恋活をしたかったんでしょう。

とりあえず恋をして ある程度時間がたって結婚しなきゃと思ったら結婚・・・そういう男性は結構多いんですが 地方では恋活をするところはあまりなく、恋活と婚活の違いも当時はなかったので 婚活パーティーに参加してたようですね。
6カ月以内には考えるべきだと思います。

またぼく自身の経験ですが、婚活をしている場でも結婚を目的をしてない女性に会う事がありました。
実際に会ってデートを行ってみて話してみると・・・恋人は欲しいけど結婚はまだ考えていないというスタンス。

可愛かったので恋人にはなりたかったのですが、結婚が目的のため残念ながら諦めました・・・ (もったいなかった

ぼくもアラサーなので、余計な恋をしている暇はなかったのです。

 男女とも30代の1年はとても大きいです、自分が婚活なら恋活相手に行かないように 自分が恋活目的なら、婚活目的相手に行かないようにしましょー悲劇になりかねませんから

婚活と恋活の活動場所比較

違いが分かりやすいよう独断と偏見で婚活と恋活の比較表を作ってみたよ (ちょっと大変やったw)

違いポイント 恋活 婚活
目標 恋人 結婚
年令 20代が多い 30代以降
重要なポイント オシャレ 顔 会話 体形 フィーリング 年令 年収 結婚歴 子供の有無
おすすめ場所 サークル活動 ボランティア 合コン 街コン 恋活アプリやパーティー SNS 相席居酒屋 婚活アプリやパーティー 結婚相談所 お見合 友達からの紹介 同僚や上司からの紹介

 
おすすめな人 恋をしたい 1人が寂しい パートナーが欲しい 結婚はまだ考えてない

 
 

早く結婚がしたい 効率的に結婚がしたい 子供が欲しい 親がうるさい 仕事が落ち着いた

 
 
 
 

上の表のように、出会いという目的は一緒だけど選ぶ内容に関しては変わってきます。

自分の目的によって活動する場所や行動も変更が必要です はじめは恋活をしていたけど、心変わりして婚活に発展する場合もあります。
恋活から入ってやっぱり結婚したいため、婚活に移行するような感じもありますね。

恋活、婚活するならどんなアプリやパーティーを利用するべき?

恋活、婚活したい場合どこで活動すればいいのかという話。
恋活なら合コン、婚活なら結婚相談所・・・この辺りならどちらを選べばいいかすぐわかるんだけど アプリやパーティーで探す場合は何で探せばいいか?

パーティーはともかく、アプリの方は恋活のみ、婚活のみとか 書かれているアプリはないからとってもわかりづらい。

ただ活動場所を選ぶのは人なので、アプリで恋活と入っている場所 恋人を目標として使う方が多いしょうし 逆に結婚を目的なら婚活と銘打ったアプリを使うはず。
よって恋活なら恋活とアピールしてるアプリを使うのが 効果的に活動出来るでしょう。

婚活と恋活の違いまとめ

自分が恋愛したいのか、結婚したいのか最終的にどうなりたいのかと自分でわかっていれば やりやすい行動をとる事ができます。

恋活は別に若い世代の方だけの話ではなく、40代や50以上の人も恋活をしたい人もいます。
初婚、バツイチなどで結婚はもう嫌だ、でもこのままだと寂しい そういう方はパートナーが欲しいようで、婚活ではなく恋活といえるでしょう。

もちろん、気になった相手の気持ちも重要 男性の場合は、自分がどうしたいのか、決断が出来ず 女性に流されて結婚する方も多いですから・・・
(いやぼくなんて結構そうですねw) 自分の気持ちがわからない、と言う方は相手の気持ちに寄り添ってもよいかもしれませんね。

はるが使ったおすすめ婚活アプリ

pairs2
【ペアーズ】

まさに王道!はるもオススメできます。

日本全国にて圧倒的人気を誇るペアーズだからこその安心感。

Facebookを利用した安全なマッチングアプリ
【Omiai】


ペアーズと双璧をなすOmiai(オミアイ)。

女性は30代以上が有料のため、アラサー女性の本気度が段違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です