【テクニックか誠実か】ナンパ師VS婚活男性 結婚に有利なのは?

こんにちわー友人に恋愛工学生やナンパ師もいるはるです。
議論好きでたまにお話をさせてもらってます、なかなかの刺激物です彼ら。
 
婚活女性においてはしばしばバトルになることもある彼ら。
今日はナンパ師についてちょいと語ろうかと。

ナンパ師VS婚活女性にモヤモヤ

最近ツイッター界隈で、婚活女性の悲劇、「付き合って致してすぐ音信不通にされた」とかの話題がありまして、それによって恋愛工学などを愛するナンパ師?と婚活女性で舌戦してるのみたのです。

白熱するレスバトルを見ながら

「せやかて、きみらナンパ師にアプローチされたら、そちら選ぶんやろ?」
 
とか、モヤモヤした気持ちになったので、キーボードをたたいてます。
 
このナンパ師に騙されたって話、ぼくの近所でもよくありまして、既婚男性に告られたり、婚活パーティーに来た男性にやり捨てされたーひどいよ!とか本当に様々。
 
 
男性からも呑んだ時に、「婚活パーティーにチャラ男が来てて取られた、奴らには勝てないんですか!」
と憤慨する男性もいたり、ぼく自身も婚活中は激怒しておりました、チキショーー!!
 

ナンパ師は婚活者の敵

 
ナンパ師が婚活アプリや婚活パーティーを主戦場とすることにより、婚活女性に先にアプローチされてしまうので、結果デート出来なくなる。
また女性が男性不信になる原因にもなるので、婚活者全体の敵だと言えるんじゃないですかね。
 
で、婚活女性は婚活男性と同じ界隈にいて味方=同士で共に結婚というゴールを目指し共にひた走ってる認識なんですが・・・
 
しかし・・・そんな忌み嫌われる彼らが実際、婚活の場に降りて来たら圧倒的行動力とコミュニケーション能力によって、婚活女性の心を奪っていくわけです。
 
味方や同士だと思っていた婚活女性が、ナンパ師に連れてかれるのを見ながら
 
「君たち、すごいナンパ師嫌ってるけどやっぱり結局選ぶのナンパ師やん」とか
「ぼくたち、婚活しに来てるのになんでそっち選ぶねん」
 
 
という、ある種裏切られた感じとアホやなーと思う気持ちでなんとも言えない気持ちになってます。
 
君の心が分かるとたやすく誓える男に、なぜ女ついていくのだろう、そして泣くのだろう
BY中島みゆき
 
 
男から見ると明らかに遊び目的だろうなと予想出来るんですが、それが異性だと目が曇ってわからない、あっこれは男女共通ですね?
カップリングして搾取される様を見るとまあ、自業自得。
 
あんまり同情の余地はないわあと、男性婚活者の気持ちもささくれだつわけです。
 
ナンパ師数人いる婚活パーティーとか、気に入った女性全て持ってかれます。
絶望です、地獄です。
 
で、今回実際ナンパ師が婚活したらどうなるのか?婚活男性と勝負して勝つ事が出来るかどうか婚活友人たちと討論いたしました。
※勝つの定義としてパーティーのカップリング及び結婚出来るかを基本とする
 

ナンパ師は結婚しやすい

 
結論から言うとナンパ師有利。
残念ながら婚活男性はナンパ師に勝つことは難しいです。
以下根拠
 

カップリングのしやすさ 

婚活アプリやパーティーで会った女性が、カップリングやデートをするのは男性は基本結婚を意識してる人です。
遊びで婚活しているわけじゃないでしょう。
 
そう考えると単純にカップリングしやすい男性や、女性と致しやすい男性ってめちゃめちゃ有利。 
特にカップリングって、女性はこの人とデートをしても構わないと考えて選ぶじゃないですか?
 
一部の例外は除いてね。
 
なんでそんな関係性に、持っていきやすいナンパ師が有利でしょう・・・という指摘に全く反論できませんでした、むむむ。

エッチのしやすさ

 
カップリングよりも深い内容、男性は女性と致したいわけですが女性の場合そう簡単に許す人はすくないでしょう。
付き合って結婚まで考えている、そんな人でないと致さないはず。
 
結婚相談所でも、関係を持てば成婚退会となりますからね。

ナンパ師は結婚出来る・・けどしないというスタンス、その気になれば出来るのは結婚出来ない婚活男性と比べて雲泥の差です。

そこまで持っていくのに婚活者とナンパ師、どちらが?と言う事だとそりゃーナンパ師ですがな。

これもまた反論できませんでした。むむむ。

結論:カップリングとエッチがナンパ師が大きくすぐれているゆえ=結婚しようとすればたやすい

故に結論ナンパ師が有利となります。(いいのか?)
 
 
ということで、論破されてあまりにしゃくなため思った事を書いてみたい。
正直嫉妬や羨む気持ちはありんすが、ぼくは成婚者ではあり極めてできる立場ではございますのでポジティブに解釈、解析してみたいと思います。
(ちょっとやけくそ気味)
 
あ、主に愚痴なので女性はこんな負け犬文章見ないで、みかんでも食べてゆっくり寝るといいです。
最近インフルエンザが流行っているので婚活に差し障るといけないので。
 
婚活男子と討論した内容も踏まえて、ナンパ師VS婚活男性について書いていきます。
 
自分自身が婚活者だったので、婚活者に関し、一部辛辣な部分がありますが
「モテなかった時を思い出して拗らせちゃってるんだな、ああ無情」ばりな気持ちで見て頂けると幸いです、ごめんなさい。
 
※ナンパ師という言い方が適当かはわかりませんが、
女性に関して体目的?で迫ってくる男を称してナンパ師という名称で話してみます
 
 
 
 

なぜナンパ師は婚活男性に勝てるのか

たぶん、ナンパ師も婚活男性も元々のスペック、顔とか年収って大差ないと思うんですよ。
今までの女性遍歴なんかもそう変わりない、おんなじ。
 
ぼくの知合いに女の子のモテるナンパな男いますが、顔とかブサイクですよ、なんならぼくの方がイケメンです、おそらく。
 
本当にモテる人はナンパとか婚活しないです。
たいてい向こうから来るし、紹介されます。
 
エリートナンパ師とかエリート婚活者はまた別でしょうが、平均的にはあまりかわらないでしょうー
 
おそらくおおきな違いは多分こんな感じ。
  
  • 会話テクニック
  • 行動力とプライド
  • 仲間の存在
  • 罪悪感の排除
  • 目的と手段がはっきりしている
  • 素直である 

会話テクニック

理論と経験に裏打ちされた女性を気持ちよくさせる会話テクニック。
会話テクニック本って腐るほどあるんですよ、理論的な奴が。
もちろんピンキリありますが、ぼくも婚活する前に読んでましたよー
 
販売会話テクニックとか合わせればテクニック本は50冊は超えてますね(モテなかったけど)
女を落とすテクニックはあるんですが、結婚させるテクニックってなくない?

理論的な行動力とプライド

行動力が段違い、セック〇のためには土下座も辞さない。
って書いてありましたー!ナンパ師の本に!
最終的に頼み込みまくったら致せるらしいですよー知らないけど。
 
モチベーションが違うんですよ、セック〇って男性の最強のモチベーションになるんです。
で、すごい事いっちゃいますけど、「結婚」ってそれに比べるとモチベーション上がらないと思う。
 
女性からしたいんですって言われたら、大抵の男は断らないですけど、女性から結婚したいんですといわれたら、大抵の男は躊躇します。

 仲間の存在

ナンパ師同士で切磋琢磨&合コン、紹介、アリバイ作り。
徒党を組むことで更にその技術は洗練される。
 
婚活者って徒党って組まないんですよ、あんまり。
婚活パーティーで友達になる機会ないし。
 
ぼくは婚活友人がたくさん出来て、結婚式に呼んで受付やスピーチしてもらうぐらいの仲になりましたけど、おそらく婚活者の中でも稀有な例だと思います
あ、高知の婚活男性はお友達になりましょー是非に。
 

罪悪感の排除

恋愛工学の本で書いてましたが、女性に関しては喜ばせてあげるので致してすぐ振ったとしても問題ないというような感じでした・
女性は男性と比べ、恋愛経験が豊富なのでナンチャラ。
※残念ながらぼくは読解力皆無なので、詳しくは本かWikiを見てください
 
婚活男性は人によるけど罪悪感とか責任を取りたくないとか色々弊害があります。
仮に付き合って別れたら本当に申し訳ないじゃないですか。 
 

目的と手段の違い

ナンパ師の目的は基本的に体と自己肯定なんですよ。
女性を満足させていたせるスゲーみたいな。
対象はそばにいる女性なんです、考える事も少ないはず。
 
婚活者の目的は最終目的は結婚なわけでして、しかも結婚がゴールじゃない。
その後の生活、年収や子供の有無や性格や親の存在、趣味、タバコ、年令等々。
 
確認しないといけない項目と責任が山ほどある。
その女性の事だけを考えるわけにはいかないわけです。
 
女性自体はとっても魅力的でも、タバコ吸うとかバツイチとかで観点変わりますから、それも踏まえたうえで結婚と言うどでかい壁をぶち破らないといけない。
付き合い時に石橋を叩くのは女性でしょうが、男性は結婚考える場合に石橋を叩くのです。 
 
 
婚活男性の女性の扱いって真面目な人は基本的に遠方投石器なわけですよ。
あの、シーソーみたいな原理で岩石を飛ばして城なんか破壊するやつ。
すっごく固い結婚という城を崩すために、いろんなもの、子供や年収やら責任やら。
 
関白宣言やら一生背負っていくやらそんなもんを抱えて、自分の決意を重くして清水寺から飛び降りる勢いの気持ちで、自分の重みで岩を飛ばす、そんな感じで婚活女性にアプローチするわけです。
 
婚活男性って、攻撃地点が目の前の女性じゃなく人生って城をぶち壊すのでそれゆえ、用意や決意なんかが必要で行動が遅くなる、そんなイメージです。
外すと次の岩石込めるの大変ですし、見つけてくるのも大変。
 
 
ナンパ師はスナイパーライフル。
どんなに遠くても高性能スコープで狙いどころが分かるし、何度も連発出来るし、もし当たらなくても次の銃弾もとっかえひっかえ出来るので、割と気楽にチャレンジできる、対兵士相手なのでそんなに覚悟もいらない。
またナンパ師の場合はマニュアルもある程度確立されているのでやりやすいです、そりゃー短期決戦じゃ勝てませんよねー
短期でモテる=短モテとぼく勝手にいってますはい。

素直である

最後だけど一番重要、ナンパ師って素直なんですよ。
明確なゴールが見えているので師匠?メンター?とりあえずモテるナンパ師やモテ本の情報をうのみにして行動出来ます。
自分のダメな所を人に聞けるのってすごいと思います。
 
婚活男性の多くは素直じゃないんですよ。
 
もういいおっさんですから、今更生きてきた方法を変えるのも微妙というのもあるし、結婚というゴールが、何かふわふわしてて明確じゃないってのも一つ。
婚活するにおいて意見を素直に聞ける人がいないてのも大きな影響あるでしょう。
 
 素直じゃない例
有名な恋愛学者→おじさんだしなあ?古くない?
既婚者→婚活したことないでしょ、気持ちわからないでしょ
婚活アプリでいいね1位取った人→逆になんで結婚してないの?
同じ婚活者→お前も結婚出来てないやん!
 
 

婚活男性はナンパ師見習うべきか

違う分野の知識や技術を取り入れるというのは、文明にとって重要な事。
日本も弥生時代?あたりは中国から色々技術取り入れたはずだし(大げさですが)
よって婚活ずっと続けていて行き詰まっている人は、こんな方法もあると考えてもいいでしょう。
 
 
ナンパ師に見習うべきところは圧倒的攻撃力と行動力、後素直さ。
目の前にいる相手を楽しませるテクニックと、話しかけたりデートに誘う行動力。
この辺りは相当見習う必要はあるでしょー
 
昨今草食系男子がもてはやされてますが、婚活の場でも肉食、ガツガツ行く方がモテるし、次に進める可能性は高い。
 
逆にセック〇に関してはお互いの関係性もあると、付き合うもしくは結婚してからでないとダメって観念ももちろん尊重されるべきです。
ってぼくなんかは、相手を傷つけちゃいそうでなかなか出来ない人だったのでこれも関係によりますね。
 

罪悪感について考え直すことも必要か?

女性との関係を進めないのって単純に草食だからではなく女性の立場を考えすぎるってのがあるとおもうんですよね。
結婚→付き合う→デートみたいな逆算だと思うんですが、デートはともかく、付き合ったりするってその女性の人生を奪う?わけじゃないですか。
 
1年付き合ったらそれだけ相手の人生を奪うわけで、結婚しなかったら悪すぎる。
申し訳ないと考えて付き合う=結婚となり重く行動出来ないんです。
 
ただ結局のところ相手の気持ちってのは読めないです。
デート誘われて嬉しい人もいるし、嫌な人もいる。
明らかに嫌がってる場合は別ですけど、せめて自分の気持ちに正直になって行動するのが後悔しない道じゃないでしょうか?
 

ナンパ師に学ぶところまとめ

  • 行動力
  • コミュ力
  • 素直さ
 
こんなところかな、婚活だけじゃなく仕事面でも重要なところです。
正直、ナンパ師に学ぶのはしゃくなのですが、いい所は盗むのが近道。
 
今の感想としてはこんな感じですが、ぼく自身は真面目に婚活する道が一番いいと思っています、何かしらまた結婚にいたるマインドやテクニックを見つけたら改めて書くかも知れません。
質問やお伝え事があれば是非におしえてくださいませ。
 
と今日の運勢みながら書いてるはるでした
 
 
ちなみに以前恋愛工学生と話した内容はこちら→高知婚活男性会議を行って・・・恋愛工学に死角はあるのか?
 
 

はるが使ったおすすめ婚活アプリ

pairs2
【ペアーズ】

まさに王道!はるもオススメできます。

日本全国にて圧倒的人気を誇るペアーズだからこその安心感。

Facebookを利用した安全なマッチングアプリ
【Omiai】


ペアーズと双璧をなすOmiai(オミアイ)。

女性は30代以上が有料のため、アラサー女性の本気度が段違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です