男性グループが婚活がんばりすぎると彼女を作れない4つの理由 

結婚出来ない

さて前回衝撃・・・婚活がんばってると結婚が遠のく?の続き・・・男性が婚活がんばっているとなぜ結婚ができないのかについての考察

婚活グループを作ることと婚活ブログを書くことは似ている?

婚活グループで仲間と話すことと婚活ブログを書くこと、1つ非常に似通ったよい利点があります
それは・・・
情報が蓄積される、知識が増えることです。

仲間を作ったりブログを書いたりすることによって、他の人の何倍も情報を蓄積し分析することができます。
また仲間の目から?自分のブログに来ている読者のコメントからでも自分の目線からでは見れない多角的な見方ができます。

そういったことが婚活友達を、ブログを書かない人との圧倒的な違いで
これがきっと婚活イベントに行くにあたっても大きく変わる内容のはずです!!はずです!
そんな情報を仕入れた上の活動にて主に婚活ブログを、友人を作ることの弊害、
婚活友達、婚活ブロガーが彼女が出来てないことに絞って考えてみたいと思います・・

婚活がんばっていると彼女を作れない理由4つ

  1. 選択肢があると思い吟味している
  2. 婚活の痛さを知らず
  3. ゲーム感覚で行っている
  4. 人に言えない趣味

では一つ一つ解説していきましょー

選択肢がまだあると思い吟味をしている

婚活パーティーニテたくさんの人と知り合う&カップルになるにつれ選択肢や目が肥えてきます
それによって比べてしまい結局のところ選べなくなってしまいます
1人で行っても情報量は多くなりますがこれが友達と行っているとその情報は桁違い、
反省会も含めたりして女性について考え放題ですw
比べる事ってのは悪いことのように捕らえられやすいですが、僕は悪いこととは思いません
比べるからこそ、大事なものだと再認識できるってのもあるますよ
とはいえ・・・この人で決定してほんまにこれでええんか?ほんまにこれでええんか?・・・ぐにゃー
ってなってるのもまた事実・・・自由すぎると却って迷ってしまうのかも知れません
まだ、後がある・・・まだ後がある・・・結局のところもう足は焼かれてるのですがそれでもまだ先延ばしをしてしまう・・
現状はどんどん追い詰められていってしまうのですけど
初めにお見合いにて紹介された女性でスパっと
決めてしまう方が、より結婚の近道なのかも知れません、そんな人もいたなー
結論
与えられすぎた機会は思考を鈍らす・・・

テンションさけ

痛さを知らず

ああったけえ_001
大人数で行ったりブログを書いたりすることのメリットとして、話すことで昇華できるということがあります
まさに語って語ってカタルシス、悲しみあふれる話を聞いてくれる人がいる
それだけで、ブログをやってる価値もありまたグループでいる意味もあるとは思うんですよねー・・・
だがしかし!
まさにそれが弊害になってしまってるのかもしれません・・・

何回か経験していますが・・・1人でいってカップルになれなかった・・・これはもう相当な悲劇です(´;ω;`)ブワッ
ある程度の時間とお金を使い、収穫ゼロ・・・しかもこの話を誰とも共有できない・・・
ただただ自分の存在を否定された・・・・こんな苦しいことってないでしょうー

社会人になった時にこんだけ生身の自分を否定される事も珍しいでしょうはい(´;ω;`)ブワッ
もっと努力しておくべきだったと奮起し服を買ったり会話術を練習したりする剛の者もいたり・・・
あんな辛いことはもうごめんだとこの戦場から身をひくもの・・・

僕には向いていないんだと違う場所で戦おうとするものもいるでしょう・・・
そんな中1人ではなくグループで話し合いが出来たり、ブログに書けるとどうでしょうか?

グループでは、なるほど大変だったなと話すことで傷が癒され、ブログだと話のネタが出来たーーとか考えちゃうかも知れません・・・
最近、気づいているのですが婚活のイベントに行って成功?するのも楽しいし失敗するのもまた楽しいです。

なんせブログにかけるから(゚∀゚)アヒャ

婚活ブログの鑑でございますが・・・婚活するものとしてはきちい考えですな・・・
来ている女の子から石投げられそう:(;゙゚’ω゚’):
負けて笑わない、がんがる。

感動がなくなりゲーム感覚になっている

最初のころって結構考えたり、ドキドキしたり、悲しんだりするわけですね、初めてのことですから、それが何回かイベントに行くことによりいい意味で立ち回りがうまくなり悪い意味で慣れてしまい感動しなくなってしまう・・・

ラインでそれを共有することによって慣れるのに拍車をかけてしまう・・・
大人数での共有って情報の塊ですからね、ラインでは毎日とは言わないまでも婚活の話してますからそれも30代のいい男達が額に血管浮かべながら、毎日議論&議論ですよー(気持ち悪いっていわないでね(;´Д`))
ちんあなご
ま、ちょっと誇張しましたが情報量の濃さは段違いなんで、普通にブログ見に行くと違って生の感触と感動が味わえるわけです。

誰だって知っている人の話しって興味深いですよね?
逆に結構離れた人の話はよほど自分にとって近くないとふーんとなってしまう。

サイクルが早いわけですが、たくさんの経験をしている分なれちゃってるのかも知れません。

そういえば先日こんな会話がありました・・・
私がいったイベントでカップルになれず意気消沈していたのですが、一緒に行った友達は普通な感じだったのです。
聞いてみたところ「いや・・もう何度もいって何回もカップルになれずに終わってるし、こんなもんじゃね?」って返答が帰って来ました・・・・

なれてそれが当たり前になると努力はしなくなりますから悪い方向に向かっているのではないかと思います。
恋愛ってハプニング、タイミング、フィーリングですからね。
そのハプニングがなくなってしまってると。

でもまあ・・・なんというかですね・・・慣れたいって気持ちもわかるんです・・・つらいもの・・・

でもさ、結婚はある程度だけれども恋愛の延長線上にあるわけで、人の感情、出来るだけ気に入られたいとか
すきだーーーとかそういう気持ちがあるから結婚したいと青臭く思うわけですよ。
そんな中1回1回を慣れた・・・とか思ってしまうと結局のところ感動もせず、また努力もしない・・・
婚活パーティに関しての立ち回りは上手くなっても、人のとの立ち回りは失敗したくないから臆病になる。

以前はもう少し踏み込めたところが引くのがかなり早くなってしまっているのかもしれません

人に言えない趣味w

趣味といっていいのかどうかわかりませんが、婚活のプロフィールにブログとかかけないんですよねー
食事ブログとか旅ブログとかならいいんでしょー
婚活って趣味にするにはハードル高すぎます。

また合コンなんかに行ったときに婚活仲間でーすというのもちょっと言いづらい。
多分結婚式なんかでも、婚活で結婚したり、婚活友人を呼んだとしても

「婚活で知り合いました」とか言えないのかもしれません。

補足
ぼくの結婚式では、婚活友人は全て読んで紹介しましたw

みんなっていうのも結構なマイナスポイントになってしまうかも知れません
いう必要はないかと思うんですけれどもついつい間があくと言ってしまう・・・
あきませんよねーー・・・

結婚出来ない男グループまとめ

とまあ考えを赴くままに書いてみたんですがいかがだったでしょうかー
婚活友達を作るとめっちゃ長所もあるので短所に気をつければ問題ないと思います
うん!きをつけよう!!:(;゙゚’ω゚’):

はるが使ったおすすめ婚活アプリ

pairs2
【ペアーズ】

まさに王道!はるもオススメできます。

日本全国にて圧倒的人気を誇るペアーズだからこその安心感。

Facebookを利用した安全なマッチングアプリ
【Omiai】


ペアーズと双璧をなすOmiai(オミアイ)。

女性は30代以上が有料のため、アラサー女性の本気度が段違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です